宿泊施設 観光案内 イベント 天気予報

< 第68回 源実朝を偲ぶ仲秋の名月伊豆山歌会 >

歌人将軍 源実朝を偲び、仲秋の名月の日に開催される 「仲秋の名月 伊豆山歌会」。
現代歌壇の諸先生を多数お招きして行われる「歌会・講演」、伊豆山神社で行われる古式ゆかしい「十五夜祭」
仲秋の名月の日、伊豆山歌会・十五夜祭へぜひお越し下さい。
 
 日  時 2019年9月13日(金)
 歌   会 13:00~17:45 
 十五夜祭 18:30~20:00
 場  所 歌   会  起雲閣 熱海市昭和町4-2
十五夜祭  伊豆山神社   熱海市伊豆山708-1
 アクセス < 起雲閣までのアクセス >
 熱海駅から徒歩20分、湯~遊~バス「起雲閣西口」バス停下車
 熱海駅から 乗り場③紅葉ヶ丘・ひばりヶ丘行きバス「天神町」バス停下車徒歩1分
 熱海駅から 乗り場①相の原団地・笹良ヶ台循環行きバス「起雲閣前」バス停下車

< 伊豆山神社までのアクセス >
 熱海駅から 乗り場④七尾方面行きバス「伊豆山神社前」バス停下車
 17:10 / 17:30 / 17:50 / 18:10 / 18:30 / 18:50 /19:10

< 伊豆山神社から熱海駅までのアクセス >
熱海駅行きバス「伊豆山神社前」バス停 発車時刻
   19:39 / 19:59 / 20:19 / 20:39 / 21:09
出席歌人 出席献奏 日程  ・作品の募集 第66回歌人献歌 
(歌会チラシ表紙/応募用紙/内容

【第67回仲秋の名月 伊豆山歌会出席歌人 献歌 (敬称略 順不同)
  満ち足りて
 あなたは眠る
  潮騒の
月のひかりを
 頬にともして
               松村 正直 山合いの
 社を照らす
  月まてり
われら小さき
 影となりつつ
               佐伯 裕子 伊豆山の
 老いし草葉を
  励まして
皓々とのぼる
 満ちたる月は
              梅内 美華子 うす雲を
 月よぎりつつ
  雲に照る
月光の
 さざ波の うつくし
               高野 公彦

【出席歌人】
松平 盟子 [まつだいら めいこ]

愛知県生まれ。歌誌「プチ★モンド」編集発行人。与謝野晶子研究家。明星研究会所属。
歌集に『シュガー』『プラチナ・ブルース』『愛の方舟』など。
著書に『母の愛 与謝野晶子の童話』『パリを抱きしめる』など。

内藤 明 [ないとう あきら]
1954年、東京都生まれ・武川忠一の「音」創刊に参加。現在発行人。
早稲田大学教授。
歌集に『斧と匂玉』『虚空の橋』『薄明の窓』、歌書に『うたの生成・歌のゆくえ』など。
真中 朋久 [まなか ともひさ]
1964年、茨城県生まれ。気象予報士の資格を持つ。
第1歌集『雨裂』で第46回現代歌人協会賞、第3歌集『重力』で第15回寺山修司短歌賞を受賞。
「塔」選者。
2018年4月~2019年3月「NHK短歌」選者をつとめる。
小島 なお [こじま なお]
1986年、東京都生まれ。「コスモス」短歌会所属。
青山学院高等部在学中に短歌を作り始める。
2004年、角川短歌賞受賞。歌集に『乱反射』『サリンジャーは死んでしまった』。

【出席献奏者・献読者】
琴演奏 加藤 登美緒[かとう とみお]
幼少時より、祖父母山口登美枝、母加藤登美寛に師事。山田流琴曲に親しむ。
東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業。CD収録、演奏会で活躍。
(社団法人)日本三曲協会 会員
(社団法人)山田流筝曲協会会員・東京芸術大学 同声会 会員
フルート演奏 須藤 英二[すどう えいじ]
12歳よりフルートとピアノを始め、京都市立芸術大学音楽学部を経て、演奏活動を始める。
国内外で癒しのコンサートを開いている。音楽医療の方面からも注目を受けている。
近年ボランティア活動に力を入れ、チャリティーホームコンサートなども意欲的にこなす。
献読 冴月 さくら[さえづき さくら]
作家。平成4年にOLを経て熱海芸妓となり現在もお座敷を賑わせている。狂言(和泉流)九世野村万蔵に師事。著書に「艶々日記」「30歳から愛される作法」などがある。主婦と生活社「能・狂言を楽しむ本」に執筆協力。日本文芸家クラブ所属。

【作品の募集】 
①郵送による投稿
一般の部 歌題は自由。用紙(縦23cm×横4cmの白紙)1枚に一首。一人二首以内。
楷書にて、表に縦書きで短歌を記入し、裏に住所・氏名・電話番号を明記。
規定サイズ以外は受付できません。投稿は無料、封書にてご送付下さい。
投稿後の短歌の変更はできません。
賞)天位・地位・人位×4先生。賞状・副賞
   佳作5点×4先生。賞状
ジュニアの部 小学生・中学生を対象とします。募集内容は上記一般の部と同じ。ジュニアの部は裏に住所・氏名・電話番号及び学校名・学年を記入のこと。
賞)天位・地位・人位・佳作5点×2先生。賞状・副賞
  天位作品は自身により歌会時に舞台上で披露
 送付期限 2019年7月26日(金)必着
※小・中学生の送付期限 2019年7月19日(金)必着 
宛   先 〒413-8550
 熱海市中央町1-1
 熱海市教育委員会 生涯学習課「伊豆山歌会」係
②当日投稿  2019年9月13日(金)「起雲閣」にて受付。
受付時間 13:00~14:00
歌題は自由。受付用紙1枚に一首。一人二首以内。楷書にて、表に短歌を記入し、裏に住所・氏名・電話番号を明記。投稿は無料。
賞)天位・地位・人位×4先生。賞状・副賞
※郵送の部、当日投稿の部、ジュニアの部、天位、地位、人位、佳作入賞者全員の作品が角川短歌12月号に掲載されます。奮ってご応募下さい。

【日程】 
13:00~14:00 受付「起雲閣」
14:15~15:00 講演:内藤明先生 演題:「万葉集と現代」(仮題)
15:30~17:45 授賞式・講評
18:30~20:00 十五夜祭「伊豆山神社」

【第66回仲秋の名月 伊豆山歌会出席歌人 献歌 (敬称略 順不同)
  今宵我が
 清しさとなれ
  信綱も
幸綱も見し
 伊豆山の月
             佐佐木 頼綱 面あげ
 見よとばかりに
  わたるべし
伊豆山の天を
 さやけき月は
             中川 佐和子 かうかうと
 満ちて十五の
  日の本の
月にうさぎは
 愛されやまず
               今野 寿美 盈つるとふ
 さびしさのなか
  昇り来し
月まどかなり
 海の上の月
               永田 和宏

伊豆山神社本殿
伊豆山神社 本殿
冴月さくら 献読
冴月 さくら 平家物語 献読 
加藤登美緒 琴演奏
加藤 登美緒 琴演奏
   伊豆山温泉旅館組合(観光協会)
 静岡県熱海市田原本町9-1 熱海第一ビル地下1階
 TEL:0557-81-2631 FAX:0557-81-2496 Mail:info@izusan.com